遺品整理業の未来

我が国は、2030年問題として、超高齢化社会が進み、50歳以上の男性だと3人に1人は、未婚者になるという推計も内閣府より出ており、さらには、高齢者の2人に1人は、孤立死をする可能性があると統計も出ております。


今後、孤立死問題は、メディアや新聞、書籍など、様々な分野で、注目を集め、更なる社会問題となり、核家族化、未婚率、超高齢化社会に伴い、遺品整理の需要が急激に増加すると言われております。



遺品整理業は、高齢化社会の中で20年は確実に収益を上げ続けることのできる仕事と言われています。ますます需要が高まるからこそ、専門的知識を習得し、適切な対応を行っていくことが今現在、求められています。(引用;明日への命の証しのために)


今後ますますこの業界は発展することは確かであり今参入されることをお勧めいたします。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

遺品整理サービスとそれを提供する事業者について(令和 2 年 3 月総務省行政評価局)

「遺品整理」ならば、常識的には、亡くなった人の遺品を、整理分類し、遺 族等関係者への帰属を改めて定め、あるいは、売却、リサイクル、廃棄等のし かるべき処置をしていく一連の作業であろうと思われる。しかし、「遺品整理サ ービス」が依頼者に代わって、又は、依頼者を支援する形で提供する役務であ るとした場合、その役務が常識的な「遺品整理」の一連の作業のどこに関する ものであればこの概念に当てはまるのか確立

フォームからのご相談はこちら
時間がない方、依頼を迷っている方、料金が不安な方、まずはお問い合わせください。
ビューティエコのスタッフがご相談に乗ります!
お問い合わせ
ビューティエコ 
無料通話 : 0120-836-185
info@beautyeco-jpn.com
  • Facebook
  • Twitter

Copyright © Beauty Eco All Rights Reserved.